車の税金 2014年4月以降こう変わる!!

 

車,税金中古車買取業者ランキング,車,最高額,車査定

 

2014年4月以降は、いろいろと車の税金が変更に!
消費税が上がると思えば、自動車取得税は引き下げに、
エコカー減税は、拡充と、盛りだくさんな一年になりますね。

 

 

そこで、2014年4月以降の車の税金をまとめてみましたので、
そのままマイカーを維持する方も、
車の乗り換えを予定している方もご一読くださいね。
車の乗り換えをする方は、
ディーラーに行く前に今お乗りの車の価値を、車買取り店での見積りをとっておくのがオススメ!
下取り額の交渉にも、役立ちますよ。

 

 

 

車の税金 2014年4月以降はこう変わる!

  • 消費税は、2014年4月〜 8%に増税
  • 新車登録後13年超えの車は、自動車税が15%増
  • 新車登録後13年超えの車は、自動車重量税が割増。18年超えの車は更に割増
  • 自動車取得税が、普通車は3%に引き下げ(現行は5%) 軽自動車は2%に引き下げ(現行は3%)
  • エコカー減税 自動車取得税50%減税対象車が、60%減税に!
  • エコカー減税 自動車取得税75%減税対象車が、80%減税に!
  • 自動車税のグリーン化税制は、2年延長になり、現在の平成27年度燃費基準より平成32年度燃費基準に変更。平成27年度燃費基準より、20%以上燃費性能の良いものや電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、天然ガス車、クリーンディーゼル車は、現行50%減税から、75%減税されます。

 

 

エコカー減税とグリーン税制についてはこちらの記事にも