10年落ちの車 下取りで0円にしない話術とは!

中古車買取業者ランキング,10年落ちの車,下取り

10年落ち、10万km以上走っている車を下取りで売るとなると、
通常は0円、ほぼ値段はつかないと思っていいでしょう。

 

ただし、絶対に!
とは限りません。

 

 

値をつけるコツがあるからです。

 

 

 

新車を買うときにディーラーに行きますよね。
特に、年式の古い車や走行距離の多い車の場合、最初から、下取り車の話題は出さないことです。ここがポイントですね。

 

 

そして、
新車の値引き交渉を、ぎりぎりまで粘ります。
(基本はライバル車との比較・経営が違うディーラーとの比較・県をまたいで別ディーラーで比較、なんて方法もアリ)

 

 

そうこうしているうちに、
「これ以上は厳しいんです。会社としても限界です。」
なんて雰囲気がディーラーから漂いだしたその頃に年式の古い車の下取り話を持ちだしてみましょう。

 

 

車を買いにいく最初のうちに
条件の悪い下取り車の話を持ちだすと、
「下取り額はつきません」で話が終わってしまいます。
しかし、セールスの終盤戦、競合が激しくなった頃合いで下取りの話を持ちだすと、
何とかセールスマンは下取り額をつけようとします。
・・・・そりゃそうです、新車売りたいですからね。
これは、特に値引きが難しい新車だと有効。
値段のつかない下取り車を高取りすることで、上乗せしてくる可能性大なのです。

 

 

値引と下取りを合わせて〇〇円にします!
もってけドロボーってな勢いですね。

 

 

ディーラー全体のおトク感を見て、
これなら安い、と決まればここらで手を売ってもいいのですが、
更に、高く下取り車を売るためには、
中古車買取店でも、査定をしておくべきです。

 

 

だいたい車には、鉄としての価値もあるので、
全くの0円にはならないものですが、
車種によっては、10年落ちだろうが10万キロ以上乗ってようが
高く売れるものもあるってことです。

 

 

マニアな人気がある車や海外からのニーズがある車もそうですね。
こちらの記事で、ネットから中古車買取査定が申込みできるサービスについて
説明しているので参考にしてください。

 

 

ものによっては、
下取りで0円と言われた車に20万円値がついた、なんて場合もあります。 

 

 

相場は週単位で動いているので、
ものは試しと、一度買取店での査定額とも比べておくといいですよ。