中古車買取で必要書類は何を揃えればいいですか?

 

中古車買取をするときには、査定をするときにも売却をするときにも、いろいろな書類が必要になります。
ほとんどのものは、既に手元に揃っているはずですが、紛失した場合など、再発行手続きにも時間がかかるので、
直前に慌てないように、前もって書類を確認しておくといいですね。

 

 

買取の査定で必要な書類
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書

 

 

車を売るときに必要な書類

・自動車検査証(車検証)
車検に通った時に交付される証書、走行するときには必ず携帯することになってますね。
現住所と氏名が異なっていないか確認しておきましょう。
⇒もしも、異なる場合には?

  • 住所が印鑑登録証明書の住所と違う場合には、住民票が必要。
  • 何度も引越しをしている場合には、戸籍の附票または住民票の除票が必要。
  • 結婚などで姓に変更があった場合は、戸籍抄本か謄本が必要。

また、紛失しているときは管轄の運輸支局で再発行の手続きをしてください。

 

 

・実印
車の売るときに必要な譲渡証明書に捺印するために必要になります。
軽自動車を売る場合は認印で大丈夫です。

 

 

・印鑑登録証明書
市区町村が証明する実印の登録証書。
譲渡証明書に押印した印鑑が実印であることを証明するために必要になってきます。
一般的には、発行日から3カ月以内のものを用意します。
軽自動車を売る場合は必要ありません。

 

 

・自賠責保険証
車検ごとに次の車検時までの自動車保険(強制保険)の手続きを行った証明書。
もし、紛失しているときには、保険会社で再発行してもらいましょう。

 

 

・自動車納税証明書(軽自動車の場合は、軽自動車税納税証明書)
毎年5月末までに納める自動車税の払い込み証明書。
もし、紛失しているときには、各都道府県の運輸支局内にある税事務所で再発行してもらいましょう。

 

 

・譲渡証明書
中古車買取店で車を売却する場合、店舗が用意をします。

 

 

・委任状
車の名義変更を代行するための書類で、中古車買取店で車を売却する場合、店舗が用意します。

 

 

・リサイクル券
自動車リサイクル法により、リサイクル料金が支払われている証明書。
もし、紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページ自動車リサイクル料金の預託状況を印刷して、代替として使います。