中古車買取で事故車だと安くなりますか?

 

中古車買取業者ランキング,中古車買取,事故車

過去に「事故」を起こしたことのある車は、中古車買取で売却する場合、だいぶ安くなってしまうのでしょうか?

 

 

実は、事故を起こした車が全て大幅に買取額が安くなるのかというとそうではありません。

 

 

事故を起こした車というのは、正確にいうと、
「修復歴車」と「事故歴車」という二つのパターンに分けられます。

 

 

事故歴車は、単純に事故を起こした車。

 

 

そして、修復歴車は、走行に支障を起こすような部分、
フレームやクロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエータコアサポートの修理・交換をした車を指します。

 

 

つまり、同じ事故でも、
バンパーが当たってしまったような接触事故などの場合、
修理・交換をしたとしても、修復歴車にはならないのです。

 

 

中古車買取額に大きく影響が出るのは、修復歴です。
修復歴のある車の場合は、その程度に応じたマイナス査定の対象になります。

 

 

走行に支障のない事故歴の場合は、きちんと修復されていれば買取額に大幅な影響はありません。
しかしだからといって、
買取査定を受けるからといって、買取額を高くする目的だけで板金修理などをするのは考えものです。
修理代金をかけたとしても、
その分以上査定額が高くなることは、ほぼないからです。
そのまま査定に出したほうが、結果的におトクです。

 

 

また、買取査定の場では、
「事故車ですから、マイナス査定になりますね。」など言われたとしても、
あなたの車の状態によっては、修復歴とはならない場合も多いので、
しっかりと主張できるよう、ただの事故歴か修復歴かの把握は、きちんとしておきましょう。

 

 

>>>事故車の買取査定もネットで簡単に!