相続車買取するには、どうすればいいですか?

相続車買取

親族が亡くなったあとに、残された車ですが、
乗り続けるか、または買取などで売却するかを決めたにせよ、必ず行わないとならないのが
名義変更手続き(相続手続き)です。

 

 

名義変更手続き(相続手続き)自体は、必要書類が一般的な書類と変わる程度ですが、車検証の記載内容と変更がある場合などは、更に手続きが必要になったりすることも!
また、親族が亡くなったあとに、名義変更をせずにそのまま乗り続けた後に
その相続車を買取などで売却しようとすると、手続きがより面倒になったりします。

 

 

車の相続手続きで必要な書類例 (ケースにより内容が変わります)
  • 遺産分割協議書(相続人全員が、新所有名義人が当該車両の取得を認めたことを証明する書類。インターネットからダウンロード可、または新車販社でも用意している)
  • 除籍謄本(所有名義人が亡くなっていることを証明するもの)
  • 住民票の除票
  • 新所有者の委任状
  • 新所有者の印鑑証明
  • 車検証
  • 自賠責保険証書
  • 車庫証明(新所有者が故人の同居家族の時には不要)
  • 譲渡証明書
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

 

 

※ケースにより、用意する書類や新たな手続きが必要になってくるので、
詳しくは、管轄陸運局などで、確認をしてください。

 

車の生前贈与・相続で贈与税や相続税がかかる場合があります。
しかし、基礎控除額(贈与税は110万円、相続税は遺産相続が(5000万円+(相続人の数×1000万円))を超えない場合はかかりません。(2014年3月時点)