車査定 走行距離は何万キロが有利?

中古車買取業者ランキング,車,中古車買取金額,車査定,走行距離

車を手放す時の車査定で走行距離は何万キロだと有利に取引が進むと思いますか?

 

走行距離は標準が、普通車で年間1万キロ、軽自動車で年間8千キロと言われています。
これより、多すぎると、車査定では不利になります。
そして、少ないとプラス査定にはなるのですが、車によって違います。
車は、ある程度動かしておかないとコンディションが悪くなる場合もあるためです。

 

車の査定額に差が出る走行距離は
3万キロ・5万キロ辺りで、大きく変わると言われています。
特に5万キロを超えると査定額が下がる傾向が強く出るのです。
乗りつぶすまで車に乗ると考えていないのなら、
5万キロ手前で、一度車の買い替えを検討すると、比較的高額で査定されると思います。

 

車の寿命として考えると、10万キロでも20万キロでも
今の車なら走ります。
ただし、年数・走行距離が増えればその分、メンテナンス費用(部品交換代・故障の修理代金)も
何十万単位で発生するので、
故障のリスクの少ないうちにストレスなく車を乗り続けるという意味でも
走行距離が3万キロ・5万キロに届かないうちだと、メーカー保証もあるしいいかも知れません。

 

ただし、5万キロを過ぎたら、車に価値がなくなるのかというと、
そうではありません。
トップページでもお伝えしていますが、
最近の中古車買取業者は、色々な再販先を持っているので、
5万キロどころか10万キロ、20万キロ走行距離があっても、車査定では評価されるのも現実です。

車査定 走行距離は何キロだと高額査定?関連ページ

中古車の価値は普段の扱いで決まる
中古車の価値は走行距離やグレード以外にも、実は普段の扱いがその価値を決定するかもしれないんですよ。
車の掃除のやり方!意外と大事なんです〜
直接、買取金額が上がる要素になるわけではありませんが、査定の際に車が汚いとそれ以外、あらぬ疑いをもたれ査定士からの心象はよくありません。やはり、普段から車内は綺麗にしておくにこしたことありませんね、ということで車内の掃除のやり方を動画で説明しています。
車を売るなら早ければ早いほうがメリットになる!
もしもあなたが愛車を売ることを決意されたのなら、あとは早ければ早いほうが、よりメリットは高まります!なぜなら・・・